ディープな奄美地域ブログ「makaro」

グルメ、伝統料理、リアルな奄美の生活、歴史等を発信します!

【奄美|あるある】離島あるある|甘い食べ物編

奄美(離島)あるある

奄美(離島)あるある

奄美あるあるシリーズ4

離島出身なら理解してくれるかも!奄美あるあるのご紹介です!

奄美あるある1

ミキという甘酒のような甘い飲み物を一回は飲んだことがある。

ミキは奄美と沖縄にあり、奄美と沖縄で特徴が異なる。

奄美あるある2

「あんだあげ」と呼ばれるドーナツを絶対食べたことがある。

 

ちなみに

  • あんだあげ=サータアンダギー
  • あんだ=油、サータ=砂糖

という意味で、油で揚げた砂糖みたいなド直球な意味。

奄美あるある3

がじゃ豆と呼ばれる豆菓子は絶対食べたことある。

豆と黒糖を絡めたものでお土産屋にもよく売っています。

奄美あるある4

ばあちゃんの家にはお茶うけとして黒砂糖を置いている。

奄美あるある5

パッションフルーツが特産品で夏になるとたまに食べられる。

とてもおいしいです。

奄美あるある6

島で一番有名であろう「たんかん」という果物は冬になると家に必ずおいている。

奄美あるある7

昔は黒砂糖を製造する製糖工場がいくつもあり、覗きに行くとできたての黒砂糖をもらえることがあった。

奄美あるある8

奄美から内地に戻るときに空港にある「マンゴークランチチョコ」は大量配布用のお土産として必ず買う。

奄美あるある9

お盆になると大きな型菓子を飾る。これが地味にうまい。

内地も一緒?