ディープな奄美地域ブログ「makaro」

グルメ、伝統料理、リアルな奄美の生活、歴史等を発信します!

【子供のときの過ごし方】お小遣いが無かった小学生時代。手長エビとり|駄菓子|ガチャガチャ等の話

奄美で過ごした少年時代の昔話です

 

小学生のときはお小遣いをもらえず、

しかもゲームやらなにも買ってもらえませんでした(笑)

昭和の子供みたいな感じだったんじゃないかと思います

 

周りの子たちはNintendo 64ゲームキューブ

プレステ等ゲーム機を持っていましたのでよくゲームの持っている子の家に

遊びに行っていた記憶があります(笑)

 

そんな少年時代についてお話したいと思います

 

小学生に上がる前の少年時代

もちろんお小遣いなんてありません。

お菓子が食べたいときはばあちゃんの家に遊びに行っていました。

 

ばあちゃんの家にはクッキーなんて毎回あるわけではないので

黒砂糖(黒糖)、かりんとう、黒飴(黒糖味のあめ)を食べたりしてました。

さつまいもの天ぷらとかも出してくれてた記憶があります。

 

遊びについてはゲームなんてもちろんないので

サッカーしたり野球したり、川にただ浸かっていたり、泥遊びしてました。

小学校低学年

月に1回、300円のようなお小遣いなんてありません。

たまに月に1、2回は30円とか気まぐれにもらえたので

近所の駄菓子の売ってる商店に行って10円ガム1個だけ買ったりしてました。

 

商店のおばちゃんに「これだけ??(笑)」と言われたのは

今でも忘れません。

 

何か食べたいときは

野生のイチゴを集めてジャムにしてもらったり

椎の実(どんぐりの一種)を煎って食べてました。焼き栗ぽい味です。

 

周りの子が学校帰りにがちゃがちゃ回しているのを

横で眺めてました。

がちゃがちゃ

がちゃがちゃ photoAC

クリスマス前には

ゲームをお願いしましたが、枕元には野球ボールが置いてあり

絶望し、それからはお願いなんてしなくなりました(笑)

買ってもらえるだけましですが。。。

 

遊びについては相変わらず

サッカー、野球、泥遊び、基地作り、手長エビ採り等をしていました。

 

あとはばあちゃんに山に連れられてタケノコ採りにいったりしてました。

昔、ばあちゃんに食べさせられた空心菜のような野草はなんだったんだろう?

 

昔はたべてたから食べれ!と言われて食べましたがあの野草を食べたことある大人は周りに誰もいません。ばあちゃん、あれほんと?

 

あとはたまに兄弟の持ってるゲームボーイポケモンをやってました。

小学校高学年

お小遣いなんてもらえません。

ただお年玉が自分の懐に入るようになったので

100円のお菓子なんて買えるようになってました。

 

遊びについてはスポーツ少年団でできた友達と

サッカーや野球をやるようになってました。

 

あとはその友達たちと川や海で泳いだりしていました。

みんながゲームキューブとかやってる中、ゲームボーイをやってました。

 

書いているとちょっと切ない感じですが、

当時は特に違和感も感じずちっとも切なくありませんでした。

今となっては周りより自然と触れ合うことができましたし、ネタにもできるのでいい思い出です。