ディープな奄美地域ブログ「makaro」

グルメ、伝統料理、リアルな奄美の生活、歴史等を発信します!

menu

【奄美大島 | 冬の楽しみ】楽しいけど危険!夜の漁「イザリ」

奄美大島のイザリ漁

奄美大島のイザリ漁

 

冬の奄美大島への帰省で楽しみの一つ、

「イザリ漁」

 

夜に潮が大きく引いたとき、リーフ(サンゴ岩礁)が

海面より上に出没します

 

そこの潮だまりからタコやイカ、魚、貝等

を見つけ、捕獲します

 

※漁業権が必要な場合があるので気を付けましょう

 

 

以前の捕獲したもタコやイカ

タコとイカを捕獲したときの写真です

モリのようなもので捕獲します

タコの塩もみ

タコの塩もみ

タコ(スガリ)

タコ(スガリ)

写真はスガリという小さなタコで

これが大きいものよりおいしくて島の人は大好きだと思います

夜の海は非常に危険

夜の海は非常に危険です

下の写真はよるにライトを照らしたところですが、

 

周りは真っ暗なことがわかります

光がなくなると自分がどこにいるのかつかめなくなります

夜の海

夜の海

 

ライトの予備をもっていない場合に

もし充電がきれたら。。。

 

迷子です

その間に潮が満ちてきて大変なことになります

迷子

迷子

引用元:photoAC

 

更にリーフ(サンゴ岩礁)の穴に落ちたら

リーフの迷宮に波によって押し込まれて。。。

大変なことになります

サンゴ岩礁の穴

サンゴ岩礁の穴

なので、

イザリ漁のときは慎重に

危険と感じたら避ける行動をとることが大切です

 

でも冬の帰省の楽しみの一つです

茹でたスガリは最高においしいです!

スガリ

ガリ